<第56回> 2018年は「戌(いぬ)年」です!

    (2017年の東京・日本橋における明るい出来事)

  •  2017年を振り返ると世界でも国内でもいろいろなことがありました。弊社が所在する東京・日本橋でもさまざまな出来事がありました。その中で、2つだけご紹介したいと思います。
  •  一つ目は、名橋「日本橋」保存会、日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会という2つの団体の活動により、全国の皆さまの直筆署名約44万2千名分が衆参両院議長あてに届けられました。2020年の東京オリンピック・パラリンピック後に地下移設等のアイデアで、地元の悲願であった日本橋橋上の高速道路がいよいよ撤去へ向けて動き始めました。
  •  二つ目は、日本橋地区では、恒例の『第47回名橋「日本橋」橋洗い』の行なわれた2017年7月23日に、日本橋花の広場に「日本橋観光案内所」がオープンし、毎日10時~17時の間多言語対応により観光・舟運案内が行なわれるようになりました。内外からのたくさんの観光客の方に利用されています。まだの方は是非日本橋たもとにあるこの案内所にお立ち寄りください。数か国の言葉を話せる素敵な案内嬢が日本橋を説明してくれて、とてもわかりやすいですよ。
  • (2018年は「戌年」です)

  •  さて、新しい年2018年がすぐ目の前に迫りました。干支も今年の「酉」から「戌」に変わります。干支は「戊戌」(つちのえ いぬ)です。「戌」は十二支の11番目です。「戌」には「作物を刈り取り、とりまとめる」という意味もあるようです。国内の景気は、海外経済の良さに支えられて、輸出等を中心に明るさが続くと見られます。こうした間に、会社としての仕事や個人のスキルの取捨選択を行ない、将来に向けての地盤を固める年にすべきなのかなと感じております。
     同時に、犬はお産が軽いことから安産について「戌の日」が吉日とされ、全国多数の神社で「戌の日」に安産祈願やお礼参りに参拝される方が多いですね。
     因みに1月~3月の「戌の日」は、1月6日(土)、18日(木)、30日(火)、2月11日(日)、23日(金)、3月7日(水)、19日(月)、31日(土)です。
  • (日本橋のおもてなし犬「ときわん」)

  •  昨年来、皆さまに可愛がっていただいております「ときわん」が、本年夏場以降「日本橋おもてなし犬」として老舗の番犬ならぬ招き犬として、お店の店先などで留守番をしたり、いろいろなお店の方と一緒に写真に写ったり、日本橋を散歩したりして、活躍しております。「ときわん」が可愛いと思ってくださる皆さま、スマホかパソコンで「日本橋おもてなし小町」、「ときわん散歩」という言葉で記事を検索してご覧ください(「日本橋めぐりの会」のホームページ内にあります)。きっと楽しんでいただけると思います。
     2018年は12年に1度の戌年です。「ときわん」も年男ならぬ「年犬」として日本橋のご案内やおもてなしの面で頑張りますので、これまで以上にご声援どうぞよろしくお願いいたします。
  •  この1年間、大変お世話になりまして、誠に有難うございました。良いお年をお迎えくださいませ!! 来年もどうぞよろしくお願いいたしますm( . . )m

     「日本橋おもてなし犬 ときわん」