“家計簿の日”創設を宣言します!

2012.11.19

景気が弱い動きをみせ始め、先行きについても消費税率の引上げ等の不透明感が強い中、企業はもちろんですが、家庭も元気になってもらいたいですね。

そこで、当社では『暮らしを支える「いいおかね」 ~日本の元気は家庭から』を合言葉に、毎年11月30日を“家計簿の日”とすることをご提案します。

ライフステージ(独立、結婚、子育て、マイホーム取得、退職・老後)ごとに必要な生活資金や貯蓄額は変化します。ご家庭によりその金額も異なります。楽し く計画的に使い、貯める基本は、まず自分の家計を把握することから。その基本が家計簿です。(1)まずは家計簿をつける、(2)その家計簿から家計のムリ・ムダを見つけ出す、(3)その結果を日常生活に活かす。家計簿を活用して豊かで安心できる暮らしを目指しませんか。

暮らしを支える「いいおかね」